Information

公募内容

国際コミュニケーション学部(多文化共生論?異文化理解)の教員について公募します

1 募集人員?職名 

  准教授または講師 1名

2 研究領域

  多文化共生論?異文化理解

3 担当授業科目

  「多文化共生論」、「異文化理解」などの専門科目、およびこれらの専門科目にかかわる

  「ゼミナール」、「スタディ?スキルズ」などの教養教育科目を予定。

4 応募資格

(1)Ph.D.取得者、博士号取得者、またはこれらの学位取得見込みの者。

(2)日本語のみならず英語で授業できる者が望ましい。

(3)委員会活動や広報活動、社会貢献活動などの大学業務に積極的に取り組める者。

(4)国籍は問わないが、大学業務遂行に支障のない日本語運用能力を有する者。

(5)地域社会との協働プロジェクトに積極的な役割を果たす熱意があり、その関連業務を円滑に遂行できる者。

5 採用予定年月日

  202141

6 応募書類

(1)履歴書(様式自由)写真貼付。生年月日?メールアドレス明記のこと。

(2)教育?研究?実務に関する業績一覧(A4用紙)

(3)次の2つの内容を含むエッセー1本(A4用紙2枚以内)

   (a)これまでの教育?研究?実務等の概要

   (b)本学で取り組みたいと考える教育方法や工夫について

(4)「多文化共生論」(15回分)のシラバス(A4用紙1枚以内)。

(5)博士学位取得証明書(学位取得見込みの者は、それを証明する書類)のコピー

   または学位記のコピー

(6)主な業績を示す著書、または論文などを3点、いずれもコピー可。選考過程で

   さらに追加していただくこともあります。

   ※博士論文及び著書の場合は、主な章(部分?箇所)をご指定ください。

(7)照会先として、応募者をよく知る者2名の氏名、所属、連絡先(電話番号、

   メールアドレス)

 注:選考の過程で当方から連絡した後、成績証明書、学位取得証明書(学士号、

   修士号及び博士号の取得を証明できる、密封された各大学が発行する正式なもの)

   を提出していただくことがあります。

7 応募締切日

  2020年6月26日(金)必着

8 選考

  書類審査後、選考に通った候補者には、本学にて面接及び模擬授業を行っていただきます

 (オンラインで実施する場合があります)

  面接及び模擬授業の際の旅費等の支給はありませんのでご了承ください。

  最終的な選考結果については、2020年12月下旬までに通知する予定です。

9 書類提出先

  〒370-1193 群馬県佐波郡玉村町上之手1395-1 

  澳门皇冠赌场長 小林 良江

  ※封筒の表に「国際コミュニケーション学部教員応募書類在中」と朱書し、

   記録が残る方法で郵送してください。

10 問い合わせ先    

  澳门皇冠赌场国際コミュニケーション学部 国際ビジネス課程長

  メールアドレス:jinji@fic.gpwu.ac.jp

  ※電話での問い合わせには応じられません。

11 勤務条件等

  講師として採用された場合は任期制が適用されます(5年任期、再任可)。

  また、任期中に准教授に昇任した場合は、任期制は適用されなくなります。

12 備考

(1)本学教員の定年は満65歳です。

(2)応募書類は返却いたしません。提出いただいた書類や資料に含まれる個人情報は、

   選考および採用以外の目的には使用いたしません。

(3)本学?本学部についてお知りになりたい方は、/をご覧ください。

教員公募(多文化共生論?異文化理解)について(2020.6.26必着).pdf

(参考)本学の任期付教員の任期、任用及び再任に関する規定は以下のとおりです。

任期付き教員の任期、任用及び再任に関する規定.pdf

※本学の教員公募は、このページへの掲載、関係教育機関への通知のほか、 「JREC-IN Portal(ジェイレックイン ポータル:研究者人材のためのポータルサイト)」に登録しています。

上