留学?学生生活Studying abroad?student life

留学帰国報告

世界に飛び出す県女生!

毎年各学部学科から合わせて約70~100名が短期?長期の海外留学をしています。それぞれの留学先で、様々な経験を積んで、人間的に大きく成長して戻ってきます。

具体的な留学先はこちらをご覧ください。 → 留学支援制度実績




(短期研修)語学研修 アイルランド Centre of English

岡田アイルランド.jpg

国際コミュニケーション学部 O.R

1ヶ月間という短い研修期間の中でしたが、英語だけでなく異文化を学び、数え切れないほどの経験と刺激を得た、まさに夢のような時間でした。そしてこの経験は私の宝物となったと思います。研修で得た一番のもの、それは"Fearless" です。飛行機に乗ること、乗り継ぎ、そして知り合いが誰もいない土地での生活。孤独感や恐怖心と対峙しながら、果敢に色々なことに挑戦しました。Fearlessになるにつれて友達も増え、生活がどんどん充実していきました。この経験を自分の強みにしたいと感じています。アイルランドの人たちは生きたいように成りたい姿で生きています。私にとってはとても刺激的でした。日本ももっと個性が出せる場所になれば、自由を感じられる暮らしになるかなと感じました。



(短期研修)語学研修 ドイツ HORIZONTE

M.A(美学)picture.jpg

文学部美学美術史学科 Y.A

私のドイツ語能力は、文法をほとんど忘れていて、話したり聞いたりすることがほとんどできない状態でした。幸い英語が通じたため、少しずつドイツ語を増やしながら食事の席などで会話をするようになりました。ホストファミリーはとても親切で、学校で学んだ単語や文法を使って話すよう促してくれたり、私が会話を理解しているか逐一確認してくれました。週末にはオペラ鑑賞に誘ってくれたりと、とても親切でした。その中でホストファミリーは、「はいかいいえ、欲しいか欲しくないか、このどちらかで答えなさい。どちらの答えでも私たちは喜んで応じるから。」とよく言っていました。日本人とは違うドイツ人のはっきりとした人柄に触れることもできました。語学習得、国際交流という面で、大きな収穫を得たことが、私にとっての一番の学びです。





(長期留学)語学研修 オーストラリア グリフィス大学

立川さんweb写真.jpg

文学部英米文化学科 C.T

私が海外留学で学んだことは「語学」、「出会い」、「精神面」の三つに分けることが出来ます。まず一つ目は「語学」です。渡航前よりもはるかに英語力がつき、今では簡単な議論ができるまでなりました。二つ目の「出会い」は、日本ではなかなかできない多くの出会いです。カルチャーショックや固定観念が覆される瞬間がたくさんありました。三つ目の「精神面」は精神的成長です。コロナウィルスの影響で帰国の際も本当に大変でしたが、それを乗り切れたことはこれからの人生の心の支えになると思います。留学は語学力を伸ばすためだけのものと思われがちですが、他にもたくさんの魅力があります。スポンジのように何でも吸収できる大学時代だからこそ、行くべきだと思います。新しい挑戦をする県女生が増えることを願っています。






(長期留学)語学研修 アメリカ サウスダコタ州立大学

Adachi.png

国際コミュニケーション学部 N.A

最初の学期はESLの授業でした。授業の一環として美術館などに行くこともありました。私の時はクラスメイトが10名程度で、韓国、ホンジュラス、サウジアラビア、ルワンダなど国際色豊かで、日本人は私だけでした。学部ではEnglish、World Religions、Native American Religions、Intercultural Competenceなどをとりました。基本的にどの授業も予習をしてきたことについて、小グループでディスカッションすることが多かったです。初めて土地で不安でしたが、ESLは留学生だけの授業で先生たちも私たちの気持ちをよく理解してくれていたので、分からないことは何でも聞くことができました。宿題など忙しかったですが、学部の授業に比べてプレッシャーが少なかった分、たくさんの友達を作ることができました。学部の授業は、ついていくのが本当に大変で、朝から晩までずっと教科書を読んで宿題をするという日々でしたが、適宜息抜きをしながら充実した日々を送ることができました。

上